2008年02月17日

【白衣のマーケター】ビル・ゲイツによる日本語ドメイン名の夜明け

米Yahoo!を446億ドルで買収するとしてインターネット業界を騒がせているマイクロソフト社ですが、医療マーケティング業界に多大な影響を与える施策も先週から実行中です。

マイクロソフト社は、先週2008 年 2月13日、いよいよパソコン用OSであるWindows XP向けに、ホームページ閲覧ソフトInternet Explorer 7の自動更新機能による配布を開始しました。
http://www.microsoft.com/ja/jp/default.aspx

後述しますが、これはWebを使った医療マーケティングにおいても見逃すことができない一大イベントなのです。

自動更新機能とは何かというと、インターネットにつながったパソコンを使っているWindows XPのユーザーに対して、下記のようなメッセージが表示されるのです。



つまり、
「あなたの使っているホームページ閲覧ソフトはもう古いので、新しいソフトにバージョンアップしませんか?」
といった案内が、ネット越しにマイクロソフト社からWindows XPのユーザーのパソコン画面にやって来るのです。

ホームページ閲覧ソフトのInternet Explorer 7は「セキュリティ」「操作性」が向上していますが、医療マーケティングにおいて重要な部分は、Internet Explorer 7が日本語ドメイン名に標準対応している点です。

日本語ドメイン名のことをご存知でしょうか?

例えば渋谷で開業する「日本太郎クリニック」があった場合、
http://www.nihon-taro-clinic.jp
といった横文字の暗記しにくいホームページアドレスではなく、患者にとってわかりやすい「漢字かなカナ」の日本語で
http://shibuya.日本太郎クリニック.jp
などで患者がホームページにアクセスすることができるのです。

2001年2月、今から約7年前、ドメイン名の業界団体である日本レジストリサービスにて日本語ドメイン名の登録サービスが始まりました。

7年前から日本語のドメイン名がホームページアドレスとして活用できるようになっているのです。

このことがこれまであまり知られていなかった理由は、普及しているホームページ閲覧ソフトであるマイクロソフト社の Internet Explorer が、日本語ドメイン名に標準対応しておらず、日本語のアドレスでホームページにアクセスできなかったからです。

この状況が2006年11月に一変しました。マイクロソフト社が Internet Explorer 7 をリリースし、日本語ドメイン名に標準対応してきたのです。

しかし、古いバージョンのInternet Explorer からInternet Explorer 7へのバージョンアップは、ユーザー自らがマイクロソフト社のホームページにアクセスし、バージョンアップの作業を行わなければいけませんでした。

日頃古いInternet Explorerで不便のないユーザーが多い中、Internet Explorer 7の普及は遅々として進んでいませんでした。

当サイトでもアクセスログを取って、ユーザーが使っているホームページ閲覧ソフトの分析をしておりますが、Internet Explorer 7を使っているユーザーは20%以下となっております。

今回のマイクロソフト社による自動更新機能に配信で、Internet Explorer 7は一気に普及・浸透すると思います。

また、2007年1月に発売された新しいパソコンOSである Windows Vista には Internet Explorer 7 が標準搭載されています。

日本語ドメイン名に注目が集まるのは必然です。

政府機関・大学・企業なども急速に日本ドメイン名に対応しはじめています。
http://xn--wgv71a119e.jp/case/accessible/

2008年は本格的に日本語ドメイン名も一気にメジャーになるものと当ラボでは期待しております。

貴院のホームページへのアクセス方法として、現在使われている英字数字記号のドメイン名を使ったURLに加えて

(まだまだ全ての患者が使っているホームページ閲覧ソフトが
 日本語ドメイン名に対応していないので、併記・併用されるべき)、

日本語ドメイン名からもアクセスできるようにし、日本語ドメイン名を駅看板・野立て看板・パンフレット・名刺などに印刷するなど、見込み患者にとってわかりやすいマーケティング環境をつくってください。

次回につづく