2008年03月30日

【白衣のマーケター】ネット診療圏特集(その2・ネット診療圏を理解しよう)

医療マーケティングにおけるネット上の診療圏「ネット診療圏」の考え方を今一度整理します。

患者はリアルの生活の中で、通勤・通学などの途中で医療機関の前を通りすぎたり、駅看板・電柱看板などを見たりして、その存在を知ります。

ネットが登場する前は、患者はその限られた情報と口コミとタウンページなどを駆使して医療機関を選択するしかありませんでした。もしくはあまり検討することもなく近くの病院・クリニックにかかっていた患者も多いと思います。

2005年9月の日本医師会 IT 問題検討委員会の調査において、「医療機関を選ぶ際に知りたい情報をどこから入手しますか」という質問に対する回答で「医療機関(HP)など」という回答が 24.3%ありました。2008年現在、さらにその率は伸びていることが推察されます。

ネットの登場で医療機関の選択パターンが変わりつつあります。患者はネットを使ってより幅広く・より深く医療機関に関する情報が集められるようになりました。

情報の幅についてはむしろ広すぎて困るくらいです。信頼に足る情報、怪しい情報、玉石混合の状態でネット上には情報があふれかえっています。また、患者が英語を使えれば世界中の医療機関の情報が手に入ります。

むしろ今は、いかに必要な情報を絞って適切に集められるかの方が、ネットを利用する患者側の課題となっています。検索エンジンのキーワードの選び方のセンス等、患者側のネットリテラシーが問われています。

情報の深さについては、病院・クリニックのホームページで、診療方針・医療機器の充実度・スタッフの雰囲気・院長の経歴・所在地等々を簡単に調べることができます。第三者による医療機関評価もネット上にはあります。

もちろん医療機関のパンフレットが手に入れば、ホームページと同じような情報は入手できます。しかし、複数の医療機関のパンフレットを集めて比較することはとても手間がかかります。

主なる患者のネットを使った医療機関情報の収集方法をご紹介します。

@Yahoo!・Googleなどの検索エンジンを使う。
A病院ポータルを利用する。
B口コミサイトで評判を確認する。

上記@については、患者が使うキーワードを想像しながら自院ホームページのあり方を検討する必要があります。
Aについては、より多くの病院ポータルに登録しなければなりません。
Bについては、日頃のリアルでのサービス品質向上が対策の基本となりますが、ネット上での対策もあります。

さらに当ラボがこだわっているのが、
・日本語ドメイン名の活用です。
英数字のドメイン名では期待しにくいマーケッティング・ツールとしての効用があります。

患者側の情報収集方法だけではなく、
・リアル世界が与えるネット世界への影響。
・患者が情報収集したあとのリピート率の向上方法。
などもネット診療圏を設計する際に考慮しなければなりません。

以前にもご指摘しましたが、貴院がリアルの世界で好立地の場所で開業していたとしても、上記のようなWebマーケティングを実施しない場合、貴院はネット世界では暗黒の闇の中でひっそりと佇んでいるにすぎません。

その暗闇に光を当てていかなければ、他の医療機関との競争に敗れてしまいます。

これまではリアルの診療圏だけに気を使っていればよかったのですが、これからは同じような比重でネット上の診療圏への配慮も必要です。

むしろこれからはネット上の診療圏の方が重要になってくるのではないかと当ラボでは考えております。

これからはそういう時代です。ネット診療圏をどのように設計していくか。できればネットの世界においても燦然と輝く太陽の下に立地したいものです。

次回からは、@、A、B、「日本語ドメイン名」の順番で特集記事を書いていきます。

次回につづく。