2008年04月27日

【白衣のマーケター】ネット診療圏特集(その6・ドメイン名は栄光へのかけ橋)

今年2008年2月13日から、Windows XPユーザーに対するInternet Explorer 7日本語版の自動更新が行われています。

本オンライマガジンでも、2月17日、
http://blog.dr-ml.jp/article/11024044.html
で報告しました。

Internet Explorer 7が普及すると、日本語ドメイン名に患者がアクセスできるようになります。

日本語ドメイン名が今後盛り上がっていくことが予想される一方で、今回は多くの医療機関において公式URLの一部として使われている英数字のドメイン名についてネット診療圏の観点から解説します。

「日本クリニック」という医療機関があったとします。下記のようなURLが候補となります。(赤い部分がドメイン名です)

(1) http://www.nihon-clinic.jp
(2) http://www. nihon-clinic.gr.jp
(3) http://www. nantoka-net.ne.jp/~nihon-clinic/
(4) http://www. nihon-clinic.com
(5) http://www. nihon-clinic.info
(6) http://www. nihon-clinic.cc

もし貴院が「日本クリニック」という名称の場合、どのドメイン名を選択するでしょうか?

患者がネットのヘビーユーザであればネットリテラシーのレベルが高いので小さな差であるという見解もあるかもしれません。しかし大多数の平均的なネットユーザにとっては大きな違いがあります。記憶しにくいドメイン名と記憶しやすいドメイン名に別れてしまうからです。

記憶しにくいドメイン名の場合、駅看板・電柱広告・野立て看板等で案内したとしても、帰宅後に患者はパソコンを前にしてURLを思い出すことができません。つまりドメイン名がネット診療圏とリアル空間のかけ橋にならないのです。

かけ橋にならないドメイン名を貴院が選択してしまった場合、貴院のネット診療圏はリアル空間に拡張できなくなります。このことによる損失は想像以上に大きなものです。

ドメイン名の構造の要点について、日本を代表する企業ソニーのドメイン名(sony.co.jp)を例に説明します。

ソニーのドメイン名はsonyとcoとjpの3つ分解できます。それぞれ下記のような意味があります。

jp: 国名(第一レベルドメイン)
co: 業種(第二レベルドメイン)
sony: 固有名詞(第三レベルドメイン)

第一レベルドメインの場合、国別と国別でない汎用的なものがあり、国別でない汎用的なものの代表的な例としては「com」「net」「info」などがあります。

第二レベルドメインは、国別の第一レベルドメインごとに分類されています。第一ドメイン名が「jp」の場合、「co(企業)」「ne(ネットワークサービス)」などがあります。

第三レベルドメインは申請すれば先願主義で登録することができます。

ドメイン名の構造の概要を理解した上で、下記のドメイン名を選択する際のポイントを押さえてください。

(イ)第一レベルドメインの国別のものは自国のものに限る。
(ロ)第一レベルドメインの国別でない汎用的なものにはメジャーなものとマイナーなものがある。
(ハ)第二レベルドメインが「ない」ドメイン名がある。

つまり、第一レベルドメインは自国のものか、国別でない汎用的なものであれば「メジャー」なものを選び、第二レベルドメインは「ない」方が、シンプルで記憶されやすいドメイン名となります。

日本国内の医療機関であれば、第一レベルドメインは、国別は「jp」、汎用的なメジャーなものは「com」を当ラボでは推奨します。

第三レベルドメインについては、当然ですが貴院名を想起させるような名称を選択するのが基本です。

ここまで解説してきましたが、冒頭の(1)〜(6)を振り返って評価してみましょう。

(1) http://www.nihon-clinic.jp
 ⇒ 有力候補
(2) http://www. nihon-clinic.gr.jp
 ⇒ 第二レベルドメインがあるのでNG
(3) http://www. nantoka-net.ne.jp/~nihon-clinic/
 ⇒ そもそもプロバイダなど他社のドメイン名なのでNG
(4) http://www. nihon-clinic.com
 ⇒ 有力候補
(5) http://www. nihon-clinic.info
 ⇒ 第一レベルドメイン名がマイナーなのでNG
(6) http://www. nihon-clinic.cc
 ⇒ 第一レベルドメインが他国のものなのでNG

(1)(4)から選ぶことにしましょう。(1)(4)以外のドメイン名によるURLは、平均的なネットユーザには記憶しにくいものなのです。

携帯電話番号の先頭が「090」などではなく、「091」とか「092」とか「093」とか、人によってバラバラだったら困りますね。それと同じです。

(3)は論外です。つづりが長く記憶しにくいのと、SEO的にも問題があります。経営者としての資質すら疑われます。

次回につづく。