2007年08月26日

【白衣のマーケター】SEOは弱肉強食の世界

見込み患者は貴院名を知っています。もしかしたら院長の顔もご存知かもしれません。何かのきっかけでインターネットを使って貴院のホームページを探そうとしています。

見込み患者が貴院のホームページのURLを知っていることは期待できません。企業マーケティングでもURL告知は少なくなってきています。

URL告知の代わりに

「???というキーワードで検索してください」

という手法が企業広告では主流となっています。それだけYahoo!・Googleなどの検索エンジンが一般化した証拠です。インターネットの大衆化です。

貴院が検索キーワードを設定する場合、

・貴院名そのもの。
・地名と貴院名の組み合わせ。

などが有力候補です。

特に貴院名そのものは貴院が設定して告知しなくても、見込み患者がまず検索しそうなキーワードです。

この貴院名そのものの検索キーワードへの対策が一番重要です。今すぐ次のことを試してください。

・Yahoo!にアクセスし、貴院名を入力し、検索実行ボタンを押してください。

貴院のホームページは1ページ目の上位に表示されていますか? 
表示されない場合、画面をスクロールして1ページ目の下位にはありますか?
2ページ目以降ではどうですか?

もし1ページ目に表示されていない場合は次のような理由が考えられます。

@貴院はSEOをしていない。
A貴院はSEOをしているが効果がまだ出ていない。
B貴院がわずかな差で他の病院にSEOに負けており、2ページ目以降の表示となっている。

@Aについてはあまり深刻ではありません。貴院がSEOを行えば解決します。深刻なのはBです。貴院がどんなにがんばってSEOをしたとしてもライバルがいます。弱肉強食の競争となります。

次回につづく。