2007年09月02日

【白衣のマーケター】弱肉強食のSEOからの卒業

弱肉強食のSEO合戦に巻き込まれた場合、これは悲惨です。消耗戦を余儀なくされます。

検索エンジンの場合、勝った、負けたが、一目瞭然でわかりやすいので、いたちごっこがはじまります。誰かがあきらめるまで、SEOの専門書とにらめっこになったり、SEO専門会社に改善を委託したり、永遠の戦いが続きます。

いたちごっこがつづいて、いくところまでいってしまった場合、最後は「運」です。なぜならSEOの最善手は誰にわからないからです。(もちろんからくりをしっているYahoo!やGoogle自体は知っているのでしょうが)

当ラボでは弱肉強食の世界で戦うための術も説いてはいきますが、それ以外の方法での貴院のSEOも達成できたらと考えています。

もしそれが達成できない場合、貴院だけではなく、貴院を取り巻く患者の情報アクセス機会を奪うことになります。この状況を看過することは当ラボの経営理念に反します。

患者の情報アクセス機会を担保するためのマーケティング・ツールを企画・開発する必要があります。当ラボの社会的ミッションです。

まずその第1弾として、当ラボが開発しているのが、

・病院名ポータル共有サービス

です。
2007年10月からβ版を開設します。

次回、このサービスの中身をご案内します。