2007年09月30日

【白衣のマーケター】パンフレットとホームページの違い

1990年代後半になっても、ホームページは電子パンフレット・電子チラシと呼ばれていた時期がありました。

今では考えられないことですが、当時はしかたがなかったのかもしれません。なぜなら、Yahoo!・Googleなどの検索エンジンが存在しなかったからです。

検索エンジンのおかげで消費者は積極的・能動的に情報にアプローチすることができるようになりました。検索すれば欲しい情報が必ず見つかるといった絶対的な安心感が消費者側に醸成されたのです。

同時に情報の送り手側にも激震が走りました。消費者がホームページを見つけてくれるということは、ホームページに媒体(メディア)的な価値が生まれたことを意味します。

きちんと情報発信すれば、見ず知らずの、しかもその情報に関心の高い人々と、コミュニケーションできるようになったのです。まさに媒体(メディア)です。

ネット業界ではGoogle前/Google後と呼ばれるくらい、検索エンジンの登場は革命的な出来事なのです。

Google後、ホームページの役割は180度転換しました。消費者にホームページの存在をいかに消費者に見つけてもらうかが最大の関心事になったのです。

病院・クリニックの紙のパンフレットの場合、見ず知らずの見込み患者に手渡す方法はほぼありません。まさか街頭に立ってティッシュと一緒にばら撒くわけにもいきません。ばら撒いたとしてもほとんどの人が病院・クリニックにそのタイミングでは興味のない人ばかりです。

ホームページは違います。「病院 外科」などの検索キーワードを入力した人と検索エンジンを通じて出会うことができます。しかも出会ったとたんに情報提供が可能です。

検索エンジンにわざわざアクセスして、検索キーワードを入力し、検索実行ボタンを押した1秒後は、見込み患者の関心が最高潮に達するタイミングです。

最高潮に見込み患者の関心が高まったタイミングを捉えられることの利点はあまり取り上げられていませんが、Webマーケティングの最大の特徴といえます。テレビCMなどのマスメディア広告でも実現できていないメリットです。

時代の寵児となったホームページに関して、院長が今もって電子パンフレットを思っているとしたら要注意です。ライバル病院・クリニックと天と地の差がついてしまう前にいち早く経営にホームページを取り入れてください。

次回につづく。