2007年10月28日

【白衣のマーケター】院長ブログと社長ブログの違いについて

ホームページのコンテンツとして病院・クリニックのホームページで院長ブログが採用されはじめています。

企業の世界では、企業ホームページよりも社長ブログが有名なほど、元気のいい会社といわれています。

一時期のライブドア社のホリエモンのブログが好例ですね。

今でも、
サイバーエージェント社藤田晋社長の「渋谷で働く社長のアメブロ」
http://shibuya.ameblo.jp/
GMOインターネット社の熊谷正寿社長「クマガイコム」
http://www.kumagai.com/

は人気の社長ブログです。企業のイメージ発信装置として戦略的に活用されています。

院長ブログも社長ブログと同じように戦略的に活用するべきであると当ラボでは考えています。むしろ院長ブログこそ、社長ブログより戦略的に取り組むべきです。

院長ブログと社長ブログには微妙に役割の差異があります。

経営において院長は商品・サービスそのものといえるからです。

社長はシンボルにはなりえますが、商品・サービスにはなれません。ソニーの商品は薄型テレビのBRAVIAやゲーム機のPlayStation3であり、ハワード・ストリンガー会長ではないのです。

院長は違います。診療において患者と実際に接する医療サービスの源です。ある意味サービスそのものです。

マーケティングの基本に4Pがあります。製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、プロモーション(Promotion)のことです。
とりわけ製品(Product)は重要なのですが、院長は病院・クリニック経営において製品(Product)に位置します。

当ラボでは医療マーケティングにおける院長ブログの活用方法を研究中です。近くそのWebマーケティング・ツールを発表する予定ですので楽しみにしていてください。

次回につづく。