2007年11月04日

【白衣のマーケター】院長ブログによる来院前のリピーター化

マーケティング的に価値のある院長ブログ作成の勘所は、来院する前の「リピーター感覚」の醸成につきます。

企業マーケティングの世界では、新規顧客をつかむのは、リピーターを作るより、5〜7倍のコストがかかるといわれています。

逆にいえば、リピーターには5〜7分の1の格安コストで再来院を促すことができます。

一回も来院したことがない見込み患者に、なんとなく既に付き合いがあるような感覚をもってもらう仕掛けをつくる、院長ブログの戦術的な活用方法のひとつです。擬似リピーターづくりです。

ではどのようにすれば見込み患者が擬似リピーターとなってくれるのでしょうか。

・五感体験
・コミュニケーション

がポイントです。
院長ブログを通して、見込み患者の五感を刺激しながら、コミュニケーション体験をしてもらうのです。

代表的なテクニックを列挙します。

・院長の熱い思いを吐露する動画を配信。
これはGoogle関連会社のYoutubeの動画配信サイトを使えば簡単に実現できます。写真とは違って、動画は院長の人柄に関する情報量が飛躍的に高まります。(悪い方に高まる危険性もありますが)
http://www.youtube.com/

・院長ブログに掲載する写真は常に患者目線。
院長の人柄を伝えるための日記に掲載する写真について、院長目線ではなく、患者目線にするために、必ず院長を被写体に入れてください。見込み患者に院長との出会い感覚を演出します。

・患者からの声を紹介。
院長との対話感を醸し出します。院長からの一方通行の情報発信ではない、一体感を増幅します。

無料診療相談メール、掲示板運営、SNSによるコミュニティ開設など、まだまだ細かいテクニックはありますが、ネット上で親交を深めることのマーケティング的価値を本日はご理解ください。

次回につづく。