2007年11月18日

【白衣のマーケター】ネット上の診療圏

ネット上にもリアル世界と同じように診療圏があります。

リアル世界の診療圏は、診療科目によってエリアの広がりが微妙に異なりますが、物理的な医療施設の建物を中心に、半径3キロとか、5キロとか、比較的わかりやすい概念といえます。

一方、ネット上の診療圏は複雑です。なぜなら、ホームページを開設しただけでは診療圏が確定しないからです。

ホームページを開設しただけでは、貴院はネット世界においては暗闇にひっそりと佇んでいるにすぎません。

・検索エンジンの検索結果で上位表示されるか。
・上位表示されるときの検索キーワードは何か。
・リスティング広告、バナー広告等SEOだけでなくSEMも実施しているか。
・主要病院検索サイトに登録しているか。
・リアル世界の診療圏のネット普及率、住民のネットリテラシーはどうなっているか。
・ドメイン名はわかりやすいか。
・駅看板等のリアルの広告でホームページを案内しているか。
・タウンページにホームページのURLを掲載しているか。
・ホームページのコンテンツは他医院と差異化されているか。

等々、複雑な構成要素があります。

自院及び競合先のホームページの存在感を可視化して、ネット上の立地戦略を検討しなければなりません。

ネット世界における見込み患者の行動は、リアル世界のような二次元的な動きではなく、時空を超えた歪みの中での行動なのです。

ゆえにネット世界の診療圏は歪んでおり、行政区地図のような整然とした地図はないのです。

ネットユーザの数が今後も拡大を続けるなか、
これからはリアル世界とネット世界の両方をにらみながらの立地戦略を組み立てることが重要です。

リアル世界の診療圏に多くの競合が存在したとしても、ネット世界の診療圏にライバルが少ない場合、これまであきらめていたエリアでの開業も可能性がでてきます。

Webマーケティングでリアル世界の競争環境から抜け出し、勝ち組の経営者となる方法です。

ネット世界における存在感の重要性が高まるのは必至であり、リアル世界である程度新参者でも、ネット世界では盟主となりえるのです。

逆に、リアル世界の診療圏で競合先が少なかったとしても、ネット世界の診療圏にとてつもなくWebマーケティングが上手なカリスマ院長が一人いた場合、貴院は一気に窮地に追い込まれてしまいます。

ネット世界の診療圏の設定に関して、当ラボでは設定のための評価尺度を今後開発していく予定です。ネット世界の診療圏の広さを客観的に測定するための基準が求められています。

次回につづく。